足つぼを押されると痛い!痛い理由は身体は不調のサインかも!!

足つぼが痛い理由は体の不調のサイン

足つぼマッサージは受けたことがありますか?よくTVで芸能人がものすごく痛がっているイメージがあると思いますが、あれって本当に結構痛いんですよ。もちろん痛くしようと思えば痛くできるのでTV的な演出もたまにはあるかもしれませんが…。ただそんなに強く押さなくても痛みが出る方、ある一部分だけ妙に痛みが出る方もいるんですよ。今回はこの痛みが出るのにはどんな理由があるのか解説していこうと思います。

足つぼマッサージとは?

まずは足つぼマッサージとはどのような考え方で行われているのかを説明していきます。足つぼマッサージを受けたことがある方なら聞いたことがあるかもしれませんが、施術者がお客様に「目が疲れてますね。」とか「肩こりありますか?」とか肩とか全然触ってないのに、そんな会話をしている時があります。これが足つぼマッサージの特徴ですね。

足つぼマッサージとは東洋医学を基盤とした健康療法で経絡(気の通り道)にある経穴(ツボ)を刺激して体の調子を図っていくやり方です。ただし日本ではこの経穴(ツボ)を押す考え方ではなく、足裏の反射区を刺激して体の内面から調子を図っていくやり方が多く、このやり方をリフレクソロジーや足つぼマッサージと呼んでいます。

リフレクソロジー(足つぼマッサージ)とは「人の体は全身の臓器や器官は足裏に投影されている」という考え方で成り立っており、その投影場所の一つ一つが反射区と呼ばれています。
なので内臓の反射区を刺激することにより体の内面から働きかけることができるのです。そのため直接的に部位を触っているわけではないのに「目が疲れてますね。」とか「肩こりありますか?」というようなことが分かるのです。

というわけで厳密にいえば足つぼと反射区は別なものになるのですが、ここでの反射区と足つぼはわかりやすくするために「反射区=足つぼ」として説明していきます。

足つぼマッサージで健康管理

足つぼマッサージの効果

もしかするとそれって足つぼと関係しているの?と思うものもあるかもしれませんがこんなお悩みはないでしょうか?

  • 立ち仕事で足の疲れがとれない…
  • 足のむくみがいつも気になる…
  • 仕事や人間関係でストレスが多い…
  • 眠りが浅い、寝つきが悪い…
  • アルコールを飲む機会や外食が多い…
  • なんとなく体の調子が上がらない…
  • 最近あまり食欲が出ない…

このようなお悩みがある方には足つぼマッサージがとてもおすすめですね。

足つぼの効果とはお悩みに対しての足裏のつぼを刺激することにより、体の調子をあげていきます。
例えば食欲がない時には胃や腸の反射区を刺激してあげたり、アルコールを飲む機会が多い方には肝臓の反射区などを多めに刺激してあげるとよいでしょう。

お店で行うリフレクソロジー(足つぼマッサージ)では足つぼを押しながら、足の筋肉を緩めたり、リンパの流れも良くしていくので足の疲れやむくみなどにも効果があります。

足に悩みを抱えた女性の写真

足つぼが痛い理由は?

ここまでで全身の臓器や器官が足裏に集約しているというお話をしてきましたが、足つぼを押した時に場所によって何故痛みが出るかと言うとこの「痛みが出やすいところ=老廃物が溜まっている」ということなんです。

この老廃物が溜まっているところは特に血流やリンパの流れが悪くなっており、筋肉が凝り固まって指で押すとコリコリ、ゴリゴリします。この凝り固まった筋肉を緩めて老廃物を流すときに痛みが出るのです。基本的にはマッサージを受けても凝っている部分が痛みが出やすいのと同じですね。

足裏がゴリゴリしていても人によって痛みが出やすい方と出にくい方がいます。それは痛みの感じ方が人それぞれであるのと、筋肉が発達していたり、足裏の皮膚が厚くなっている場合は痛みを感じにくくなります。

また痛いところを我慢して受けても逆に痛めてしまったり、体の緊張が高まったりと逆効果になる場合もありますので、体に力が入らないように痛気持ちいいくらいでほどほどに刺激するのがよいですよ。

おすすめの足つぼ

足つぼの効果や痛みの出る理由はお分かりいただけたと思いますので、足つぼは覚えるとある程度は自分でも押せますので、お悩み別に自分でも出来る足つぼの押し方と場所をご紹介していきます。

基本的に押し方は難しく考えずに押しやすいやり方でよいです。一般的には親指か人差し指の第二関節を突き出して押すやり方がやりやすいかなとは思います。自分で押してあまり効かないという方は棒などを使って少し強めに刺激してあげるとよいでしょう。

睡眠改善

睡眠不足の改善 足つぼ【場所】
頭の反射区は親指の真ん中あたり、目の反射区は人差し指と中指の付け根部分

【効果】
睡眠の質を上げるためには脳がしっかりと休めていることが重要となってきます。そのために頭と目の足つぼをしっかりと刺激していきましょう。
睡眠の質が悪く疲れている方は親指が固くなってしまいます。

頭の反射区を刺激することで体の緊張をを解き、副交感神経を優位に働かせて脳をリラックスさせる効果があります。いっしょに目の反射区を刺激することで目の疲れをとり、肩や首の力も抜けてくるのでより効果があがります。

食欲不振

食欲不振に効果的な足つぼ 胃、十二指腸【場所】
胃の反射区は土踏まずの一番上のあたり、十二指腸の反射区はそこから指1本下あたり。反射区の中心からやや下に向かって外側へ流すように押してあげる

【効果】
食欲があまり出ない時が続くときは胃と十二指腸の反射区を刺激していきましょう。胃と十二指腸の反射区を刺激することでお腹周りの血流を促し内臓の働きをサポートしていきます。またストレスで胃の調子が悪い時などにもこちらの反射区を刺激してあげると効果的です。

肩こり

肩こりに効く足つぼ【場所】
首の反射区は親指のつけ根あたり、僧帽筋の反射区は足の指の下のちょうどふくらんでいる部分、肩の反射区は僧帽筋を中心から外へまっすぐ進んだところ

【効果】
肩こりには首、肩の反射区と僧帽筋(僧帽筋は肩回りの筋肉です。)を刺激していきましょう。肩は凝るけどマッサージは苦手という方には足つぼで刺激してあげるとよいでしょう。足つぼ刺激なら体の負担を少なく行うことができます。

むくみ

むくみ解消には老廃物を流す足つぼがおすすめ【場所】
腎臓の反射区は足の指を除いた足裏の中心あたり、そこからJの字に自然と降りていく道が尿管、たどり着いた内くるぶしのしたあたりが膀胱の反射区になります。

【効果】
むくみの解消には血行やリンパの流れを良くして余分な水分や老廃物を体の外へ出すことが重要です。腎臓、尿管、膀胱と刺激して体から老廃物を流れやすくしてあげると効果的です。足つぼを刺激した後は水分をしっかり取っておくと老廃物を外へ排出しやすくなりますよ。

自律神経、体のバランスを整える

自律神経のバランスを整えてくれる足つぼ ソーラープレクサス【場所】足の指を上にピンと反らせると中央部分にくぼみができます。そこがソーラープレクサスです。

【効果】ソーラープレクサスとは経絡では「湧泉」と呼ばれています。自律神経に働きかけ体のバランスを整えるツボで、ストレスや緊張で交感神経が高ぶっている時には副交感神経が優位になるように働きかけ、落ち込んでいたり、やる気が出ない時には交感神経に働きかけ体に元気を与えてくれるのです。

体が疲れているなと感じる時におすすめのツボです。


※場所がいまいちわからない時はあまり考えすぎずに、そのあたりを広くイメージして全体的に刺激してあげてください。たとえ外しても辺りを何度か繰り返すことで自然とツボにもあたりますので効果は得られますよ。

いかがだったでしょうか?足裏は第2の心臓と呼ばれているほど体にとって重要な部分であり、しっかりケアしていくことでからだの調子を整えることができます。もし足つぼを押したときに痛みが出る時は体の不調のサインかもしれません。

そんな時はこちらでご紹介した足つぼをぜひ試してみて下さいね。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。