座る時間が長くて足のむくみが気になる!!むくみ対策4つのポイント

こんにちは、ほぐし処シュエットです。
長時間のデスクワークや運転などで座る時間が長く夕方には足がパンパンに、むくんでしまうそんなお悩みを持つ方も多いと思います。これは座っている時間が長いことで足の筋肉を使っていないので、うまく足から血液を循環することができずにむくんでしまうのです。特に足は心臓から遠いので余計にむくみが起きやすいのです。
今日はむくみを解消するためのむくみ対策を4つご紹介します。

1、足首を伸ばす、足首を回す

これはデスクワークで座る時間が長い方には、気軽にできる運動なのでおすすめです。座ったままでもいいので足首を回したり、足首を前後に伸ばす運動を行いふくらはぎの筋肉を使うことで血液の循環をうながしむくみ解消をアシストします。まめにおこなえると効果的です。

2、こまめに席を立ち歩く

これができれば一番効果的ですね。座っている間はどうしても下半身を圧迫してしまうのであしのむくみの原因になってしまいます。歩くことで圧迫が取れ、足の筋肉も使うのでむくみ解消には非常に効果的です。さらにひとつポイントがあります。むくみの原因が水分を取りすぎと思っている方もいるかもしれませんが、もしかすると逆かもしれません。人間の体は水分が不足すると逆に体の中にためこんでしまいます。むくみ防止のために水分を取らないようにすると逆効果になってしまうこともあるのです。しかっりと水分を取り排出することが大事ですので、席を立ち歩くついでにトイレにいく習慣ができるとよいです。

3、リンパマッサージをおこなう

リンパマッサージといっても本格的なものでなくてかまいません。クリームなどを塗りながらおこなえる環境があれば足の甲、足首、スネ、ふくらはぎを手のひらを使ってやさしくさすってあげるとよいです。もしそんな環境でなくてもズボンの上からふくらはぎを下から上へやさしくなでるようにさすってあげるだけでも十分効果がありますので試してみてください。

4、湯船につかる習慣が大事

一日の終わりはシャワーではなくやはり湯船につかれるとよいです。湯船につかることで水圧や浮力により足にたまった血液やリンパの流れを促します。また湯船につかることで足や体の緊張も取れるのでより効果的になります。体の芯まで温めてあげることが大切なのでぬるめのお湯にゆっくりとつかることを心がけましょう。

以上が長時間座る機会が多い方のむくみ対策になります。足のむくみには足の筋肉を動かすことが大切です。仕事の合間や仕事終わりににぜひ試してみて下さい。

関連記事

  1. デスクワークの肩こり対策はマッサージだけではない!肩こり対策…

  2. まだまだある睡眠不足の原因とその対策!part2 快適な眠り…

  3. 腰痛の種類と原因はどんなものがあるの?腰痛対策に有効なのは!…

  4. ダイエットに効果的!炭水化物の低GI食品のおすすめとその効果…

  5. 体に良くないダイエットのやり方とその対策方法は!

  6. ストレス解消に柔らかいもの?結構はまってしまうかも!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。